Graebert Japan 公式 YouTube チャンネル 5月のおすすめ

CADソリューションを提供する Graebert Japan 公式 YouTube チャンネルから 24年5月 のおすすめの動画をピックアップしてご紹介します。

バージョン履歴

動画のテーマは、CADでクラウド機能を使うメリット その6「バージョン履歴」についてです。

CADでクラウド機能を使うメリット その6「バージョン履歴」

ARESでは、バージョン履歴が活用できます。文字どおり、CAD図面のバージョン履歴をたどることのできる機能です。

バージョン履歴は、実際に、どんな場面で役に立つのでしょうか?

データ復旧

誤操作などで間違えてファイルを消したときなどに、バージョン履歴からデータを復旧できます。

変更の追跡

「いつ」「誰が」「どのような」変更を加えたかをバージョン履歴からたどることで、プロジェクトのプロセスを把握できます。

監査とコンプライアンス

法的な要件がもとめられる図面では、監査情報の保存に役立ちます。

異なるバージョンの比較

プロジェクトの軌道修正をする場合など、複数のファイルを比較検討することで、方向性が明確になります。

ARESのデスクトップ版ソフトであるARES Commanderでは、バージョン履歴パレット上に「いつ」、「誰が」編集したかが表示されます。

バージョン履歴パレット上で2つのバージョンを選択した後「図面比較」を実行すると、変更箇所をハイライト表示することもできます。

さらに、オンライン上でブラウザから図面の編集ができるARES Kudoでは、1つの図面のバージョン履歴にとどまらず、別のファイルを追加(マージ)することができます。また、異なる図面ファイルを比較することもできます。

ARES 2024のバージョン履歴について解説するのは、Graebert Japan 代表の江端 陽二です。

 

ARES では、30日間無料体験版を提供しています。

詳しくは下まで。

30日間の無料体験版に申し込む