ARES Standardは、ARESCommanderと同じように、DWG形式で2D図面を作成や変更するためのCADプラットフォームです。手頃な価格で、2D製図におけるCAD機能のフルセットを提供しています。

Windowsでのみ利用可能

DWGにネイティブ対応

2D図面の作成や変更が可能

上位製品 ARES Commander もご検討ください

ARES Commanderは、費用対効果に優れたDWG形式の代替ソフトというだけでなく、機能に一切の妥協がない革新的なCADソフトです。 総合的なCADソフトをお探しであれば、ARES Commanderは簡単に使うことができるだけでなく、経験豊富なCADユーザーにとっても直感的で使い慣れた操作性を提供します。

比較表

ARES Commander / ARES Standard

ARES Commander ARES Standard
サポートされているOS
Windows 64ビット
macOS
Linux
1つのライセンスで複数OS (Windows, Mac & Linux) をサポート
ライセンス タイプ
永久ライセンス(スタンドアロン版、ネットワーク版)
1年プラン(1年間有効なライセンス)
3年プラン(3年間有効なライセンス)
 ユーティリティツールと生産性を上げる機能
パターン(別名:配列) 動画を見る
曲線テキスト
図面比較 動画を見る
XtraTool (42 の機能) 動画1を見る動画2を見る
ブロック、動的ブロック、2Dパラメトリック
ブ属性とブロック持つブロック
AutoCADで作成されたダイナミックブロックの利用 動画を見る
AutoCADで作成されたダイナミックブロックをARES カスタムブロックに変換 動画を見る
ARES カスタムブロックの作成 動画1を見る 、 動画2を見る
2Dパラメトリック  – 幾何拘束、寸法拘束 動画を見る
3D CAD 機能 ほかの動画を見る
DWGに保存された 3D ファイルを表示する
3D ソリッドモデリング - 3D ソリッドの作成と変更 動画を見る
BIM プロジェクトにおけるCAD機能
Revit、IFC ファイルとBIM ナビゲーターをインポートして、エンティティをフィルタリングする 動画を見る
パレットで、BIMプロバティを読む 動画を見る
BIM データをExcelと表へ抽出する 動画を見る
BIM プロジェクトから2D図面を抽出する 動画を見る
ESRIの地理情報システムGISを搭載したマップサービス 動画を見る
地理参照座標系または投影
地球上の任意の場所を見つけて検索
ベースマップ:衛星画像、ストリートマップ、地形図
より良いコラボレーションためのCAD機能、ARES Trinity 動画を見る
コメントパレットとマークアップ  動画を見る
ユーザーとそのデバイス間で図面を同期するためのクラウドストレージパレット 動画を見る
オンライン上で図面を無料で共有し、閲覧やコメントをする表示専用リンク  動画を見る
Androidおよび i OS用のARESTouch(モバイル版)動画を見る
ARES Kudo (クラウド版) 動画を見る
高度な印刷オブション
バッチ印刷-複数の図面をプリンターで印刷、またはPDFファイルに一括印刷
PCX サポート / PC3 インポート
シートセットマネージャー –シートセットをPDFおよびプリンターへ出力
シートセットマネージャー – シートセット用フィールド
オプション ARES プラグイン (追加料金が発生します) 動画で詳しく見る
ARES レンダー - リアルタイムのフォトリアリスティックな3Dレンダリング 動画を見る
UNDET ポイントクラウド – ポイントクラウドのインポートと管理 動画を見る
プログラム開発(API)
LISP
Visual LISP
COM
FDT (C/C++) – 旧 ARES API
Tx (C/C++) – 新 ARES API, Kudo(クラウド) / Touch(モバイル) サポート
FxARX (C/C++) – ARX互換 開発環境
Microsoft VSTA
Microsoft ActiveX
.NET

そのほかのGraebert製品を見る