BIMのインテリジェンスを活用し、
CAD図面の作成を自動化。

建設業界のプロジェクトにおける技術情報の量と煩雑さは、3D、BIM (Building information modeling)、およびシミュレーションの展開により増大しています。DWGにおけるCAD図面を活用して、プロジェクトをより詳細に文書化することで、特定のビューやエンティティにフォーカスすることができます。

ARES Commanderでは、RevitファイルとIFCファイルをインポートして表示できます。さらにユニークな点は、そこから2D図面やBIM情報を抽出し、BIMプロジェクトから取得したジオメトリの上に追加のCAD情報を描画することができる点にあります。

ares_commander_logo
RVT、IFCモデルをインポートする

RVT2011をRVT2021(Revitファイル形式)、または、IFC 2×3、4、4×1、4×2、4×3(オープンBIM交換フォーマット)のDWGファイルにインポートします。

BIM情報をフィルタリングする

BIMプロジェクトから必要な情報をフィルタリングし、プロパティを読み込みます。

BIMに基づいてDWGを更新する

プロジェクトが更新された時点で、生成された図面は新しいバージョンのBIMへ更新されます。 DWGファイルは、BIMとともに常に最新の状態に保たれます。

2D図面を自動生成する

BIMプロジェクトから2D図面を抽出し、さらにDWGコンテンツも追加します。

プロパティの抽出とプロット

BIMのプロパティで、コスト計算などを表に抽出したり、Excelにエクスポートしたりできます。

CADソフトとBIM間で、壊れたワークフローを修正する。

3Dモデルで建築ライフサイクルを一元管理できるBIMソフトは、20年以上前から存在しています。これまでの主なソリューションとしては、AutodeskのRevit、GraphisoftのArchiCAD、NemetschekのAllPlan、TrimbleのTeklaStructuresなどがあり、 BIMは、建設プロジェクトを推進するスマートな手法として、長年、強い関心が寄せられていました。 

それにもかかわらず、実際に利用しているユーザーは、非常に少ないのが現状です。統計によると、全体の20%未満しかBIMに移行していないというデータもあります。

DWGフォーマットは、2D実行図面、操作、または保守作業という現状で、BIMを採用している企業であっても、2D製図に取り組んでいるCADユーザーを3〜10倍多く採用し続けています。

重要な問題としては、BIMからの2D出力の品質が良くない点にあります。BIMユーザーとCADユーザーの間でワークフローがうまく連携できないため、時間とリソースが大幅に消費されます。言い換えると、BIMデータを効率的な方法で共有できれば、その価値は大幅に向上すると考えられます。

これが、ARESが、DWGファイルとデータ抽出を中心としたBIM機能に注目する理由です。

ARES Commanderで

DWGファイルとBIMを接続するメリット

BIMモデルは情報の宝庫です。

専用のDWG図面は、論理的で実用的なドキュメントを作成します。プロジェクトにフォーカスし、法的なコミットメントや検証を可能にすることで、煩雑なワークフローを整理するのに役立ちます。

ARES CommanderのBIM機能を活用することで、詳細なデータにアクセスし、視覚化し、データへの理解を促します。
ARES CommanderのBIMツールセットを使用すると、数量の計算が容易になり、BIMモデルから直接DWG図面を自動生成したり、選択した要素、グループ、エンティティを計画したりできます。

ARES Commanderは、フル機能を備えたDWG CADソフトであるため、CADの詳細を、直接、DWG図面に追加できます。

より高いレベルでの、より高速な図面作成

2Dの図面ファイルは、情報がプロパティに隠れている3D BIMファイルよりも評価と検証が簡単です。これは、建設プロジェクトがDWG技術図面で文書化される理由のひとつです。クライアントやビジネスパートナーと共有されるファイルは、法的責任の所在も求められます。

図面を使用すると、論理的かつ実用的な方法で技術情報を整理できます。 図面は、重要で詳細な情報に焦点を合わせるのに役立ちます。それらは、プロジェクトを適切に実行するために何がコミットされ、検証されているかを明確にします。

ARES Commanderで実現する

スマートでインテリジェントなBIMからのDWGファイル

BIMとCADは、多くの場合、並行して実行されます。BIMとCADは、相互にフォローアップしますが、場合によっては切断され、再設定に時間がかかります。プロジェクトの寸法やBIMが変更された場合は、モデルも更新されることになります。

ARES CommanderでのBIM図面機能

RVTとIFCプロジェクトをDWGファイルにインポートします。

BIMナビゲータを使用すると、RVTファイル(Autodesk Revit(R)ファイル形式)と、IFC ファイル(IFC – Industry Foundation Classes)の両方をインポートできます。 複数のファイルからのBIM情報を組み合わせて、結果を3Dで視覚化することもできます。

BIM情報を調べる

BIMナビゲーターを活用すると、すべての分野、クラス、タイプ、オブジェクトなどを含むBIMプロジェクトの構築ツリーを探索できます。 BIMプロジェクトを3Dで視覚化でき、BIMナビゲーターで選択すると、BIMオブジェクトが強調表示されます。

BIM プロパティ パレット

ひとつ以上のBIMオブジェクトを選択し、詳細なBIM情報を読み取ります。 BIMモデルやBIMナビゲーターから選択し、BIM図面内でも、2DジオメトリはBIMプロパティとの関連付けを保持しており、パレットから情報を読み取ることができます。

このような情報にアクセスすると、CADユーザーがプロジェクトを理解し、図面の改善に大いに役立ちます。

BIM フィルター

高度なフィルターを使えば、図面に関連するBIM情報のみを取り出すことができます。 分野、機能、クラス、オブジェクトの種類などの基準を組み合わせます。

BIM データ抽出

BIMデータは、選択したオブジェクトから抽出することができます。 抽出されたデータは、図面内に表として挿入したり、CSVファイルにエクスポートしてスプレッドシートで作業したりできます。

ユースケースには、BOM(部品表)、調査、数量計算、見積などが含まれます。

平面図、断面図を簡単に作成して、タスクを自動化

図面作成にまつわるタスクの自動化により、貴重な時間を節約できます。 

ARES Commanderは、BIMモデルから生成されたエンティティに加えて、他の図面を参照するための吹き出しの挿入、ドアやスイングなどの記号グラフィックの挿入、複数のビューを持つシートの構成などの面倒なタスクを自動化します。

CADスキルを活用して、コンテンツを追加する

CADソフトのフルスペック機能を搭載したARES Commanderを活用すれば、コンテンツの作成、追加も自由自在です。プロジェクトは、DWGファイルで保存できます。

レイアウトを経由してビューを整理する

複数のシートでレイアウトを簡単に作成:それぞれのBIM図面は、レイアウトシートに適切な縮尺で、BIMモデルの詳細ビューを表します。 各シートは、複数のビューポートで構成できます。

レイアウトは、ほかのDWGファイルと同じように動作します。 DWGファイルを別のCADソフトのユーザーと共有する場合、DWGファイルを読み取り、同じレイアウトを見ることができます。

さらにARES Commanderは、レイアウトがBIMモデルとの関連付けを維持するため、新しいバージョンのBIMがインポートされたときに更新できるというメリットがあります。

 

BIMの修正、更新の労力を最小限に抑える

BIMとCADは、多くの場合、並行して実行されますが、小さな更新を見逃したり、すべての図面を何度もやり直したりするリスクがあります。

ARES Commanderを活用すれば、以前にインポートしたBIMプロジェクトを再読み込みして、図面を最新の状態できます。 BIM図面内の2Dジオメトリが更新され、以前に作成したすべてのレイアウトも更新されます。 さらに、詳細に注釈を付けて描画するために追加したすべてのCADエンティティは変更されません。

BIM マテリアル マッパー

BIM図面のエンティティをカスタマイズすることにより、必要に応じて、新しいマテリアル マッパーを使用して2Dエンティティのスタイルを自動化します。 

「一度に設定」「すべての図面に使用」にマッピングインターフェイスを使用すると、すぐに特定の色、ハッチ、またはグラフィックスタイルをマテリアルに割り当てることができます。

BIM ラベルの自動化

2022年に登場する新機能: BIM図面は、オブジェクトのすべてのBIM情報を保持しているため、インテリジェンスを活用して面倒なタスクを自動化できます。

BIMラベルを使用すると、ひとつ以上のオブジェクトを選択し、BIMプロパティから抽出された特定の情報を含むラベルの生成を自動化できます。すべてのウィンドウを選択して、寸法、ライズ、タイプを示すラベルを各ウィンドウに生成できます。

BIMモデルが更新されると、BIMラベルも自動的に更新されます。

スマートBIMディメンション

2022年に登場する新機能: BIMラベルの場合と同様に、BIMオブジェクトのインテリジェンスを活用して、よりスマートなタイプのディメンションを作成できます。

BIMディメンションを使用すると、複数のエンティティを選択して、すばやくディメンションを生成できます。 BIMモデルが更新されると、BIM図面のジオメトリだけでなく、BIM寸法も更新されます。

GraebertはbuildingSMARTのメンバーです。

buildingSMARTは、オープンで中立的で国際的な非営利組織であり、BIMのオープンで国際的な標準とソリューションの作成と採用を推進しています。

特に、Industry Foundation Classes(IFC)、BIMコラボレーションフォーマット(BCF)の標準が指定されている組織です。

そのほかのGraebertソフト