GIS対応機能付きCADソリューション: どちらにも最良のものを入手してください

ハイブリッドソリューションであるARES®Map™は、GISコンテンツのインテリジェンスとフル機能のDWGベースのCADシステムを統合しています。ARES Mapで作成されたマップとフロアプランは、DWGに直接保存されますが、エンティティに関連付けられたスマートなGIS対応情報も一緒に保存できます。

GISユーザーの方向けに

Esri®ArcGIS Onlineのユーザーにとって、ARES MapはCADデータを収集してGISに変換するだけでなく、CAD図面の情報を修正するのにも最適なパートナーです。

CADユーザーの方向けに

ARES Mapは、すべての製図ツールを組み合わせて、すぐに使用できるマップとジオリファレンスした情報を使用してDWG図面を作成・修正します。

GISユーザーに最適なCADソリューション

ARES Mapは、ArcGISオンラインを使用する組織にとって、GISシステムを実際のCADデータで更新しなければならない場合でも、GISシステムにCADデータをインポートする場合でも、理想的なCADソリューションです。ARES Mapはニーズに合わせた生産性の高い環境を提供します。

+ タブレットとスマートフォン用の完全な2Dデザインと注釈ツールのセット

+ 最適化されたワークフロー:ARES TouchとARES Commander間でファイルを同期

+ 図面をオフラインで使用

+ 画像注釈、音声注釈の追加機能 -画像を撮影したり音声を録音したりして図面に注釈を付け、オフィスで同僚と共有

ARESマップは、フル機能のCADソフトウェアでGISデータを直接インポートしてアクセスすることができるだけではありません。CADとGISエンティティの相互変換が可能であり、これはCADとGISを常に最新かつ同期させておく場合には最適な手段です。

GISインテリジェンスをCAD図面に追加

GISソリューションの世界的リーダーであるEsriのプロフェッショナルマップを使用してDWG図面を美しく – ARES Mapは、CADを現実に合わせるために必要なすべてのツールを提供します。

+ 座標系 – 数百の投影物、幾何学物、垂直体から選択

+Esriサーバーまたは独自のArcGISオンラインコンテンツからマップサービスと機能サービスを操作

+ARESマップ内から直接GISコンテンツを表示、修正

+ バッチインポート/シェイプファイルの読み込み – ARES Mapに含まれるすべてのGISデータへのアクセスと読み込み

ARES Mapは、DWG図面でGISデータを使用したい場合の最適な独立型CADソリューションです。このソフトウエアはEsriと連動して設計されており、ArcGISとGraebertのプロフェッショナルCADプラットフォームARES Commanderが統合サれています。

ARES Mapの主な機能

マップサービス

  • Esriのマップサーバーに接続し、地球上の任意の場所(衛星画像、ストリートマップ、地形図など)のCAD図面に無料のベースマップを追加
  • 複数のマップを追加すれば、実際の座標で正確に配置
  • 配置:任意の場所や住所を検索し、必要な正確なマップを取得
  • 透過性とマップの順序を管理し、コンテンツをかぶせる、フェードする
  • マップサービスに関連付けられた凡例を表示
  • マップサービスを保存し、図面にラスター画像として再読み込みまたはエクスポートが可能

座標系

  • 座標系リストから任意のDWG図面にGIS座標系を追加
  • 数百もの投影物、幾何学物体、または垂直座標系から選択
  • 座標系が割り当てられていない場合は、ARES Mapがロードされた最初のGISサービスに基づいて自動的に規定値を割り当て

機能サービス

  • 複数のマップを追加すると、実際の座標で正確に配置
  • 配置:任意の場所や住所を検索し、必要な正確な地図を取得

属性とラベル

  • Esriのマップサーバーに接続し、地球上の任意の場所(衛星画像、ストリートマップ、地形図など)のCAD図面に無料のベースマップを追加
  • システムリストから任意のDWG図面にGIS座標系を追加
  • 数百もの投影物、幾何学物体、垂直座標系から選択
  • 座標系が割り当てられていない場合は、ARES Mapがロードされた最初のGISサービスに基づいて自動的に規定値を割り当て

CAD情報からGIS対応エンティティへの変換

  • 複数のマップを追加すると、実際の座標で正確に配置
  • お気に入りの座標系、ベースマップ、機能サービスを含む空のARESマップテンプレート(DWT形式)を作成
  • 1つまたは複数のDWG図面を挿入し、実世界でのその位置を、たとえばベースマップを使用して定義
  • 選択したエンティティを機能サービスに移動すると、GISエンティティとして認識
  • CAD図面のすべてのエンティティを各機能クラスタイプとサブタイプに割り当てるユニークな変換ツール
  • フィーチャサービス定義に適格でないエンティティを自動的に拒否
  • ARES Mapは、機能サービスによって定義されたスキーマに従って、GISプロジェクトの整合性を常に維持

最高の相互運用性

  • ArcGIS Onlineアカウントにログインしてマップサービスと機能サービスをロードし、変更を公開
  • ArcGIS for Serverを使用して任意の機能またはマップサーバーに接続
  • ARES Mapで作成された図面は、DWGにネイティブに保存され、ARES®Commander、AutoCAD®、その他のDWGベースのCADソフトウェアのユーザーと共有可能
  • 初期設定では、機能サービスは他のCADソフトウェアでは情報保護の理由から表示不可。GIS/CAD機能を使用して純粋なDWGエンティティに変換することも可能
  • ARES Mapのハイブリッド技術は、ArcGIS®for DesktopやArcMap®などのEsriソリューションで認識される、スマートなGIS対応のエンティティの作成に便利

必要な製図ツールが全て揃ったARES®によるプロフェッショナルCAD/GISソリューション

ARES Mapは、GIS技術の世界的リーダーであるEsriのArcGISオンラインによって提供されています。そのCADエンジンは、数百万のCAD専門家が信頼する、Graebertの人気のDWGベースのマルチプラットフォームCADソリューション、ARES Commanderをベースにしています。ARES Mapを使用すれば、ARES Commanderのすべての内蔵CAD機能とコマンドにアクセスが可能です。

+数百のCAD機能を備えたDWGベースのフルCADソフトウェア

+CADユーザーのための使い慣れたユーザーインターフェイス

+ 製図ツールを使用して、情報を追加、修正、削除

+DWG図面の作成、修正 – ARES MapsのGIS機能は不要

ARES Mapのサブスクリプションには、1年間のモバイル版のARES Touchのサブスクリプションもが含まれています。マップ固有の機能は、ARES Touchではまだサポートされていませんが、スマートフォンやタブレットを使用して現場でプロジェクト図面を読み込み、共有し、マークアップする機能はすべて含まれています。

ARES Kudo editing dwg file from Onshape in the Cloud

ARES Mapのサブスクリプションには、クラウド版のARES Kudoの1年間のサブスクリプションも含まれています。 マップ固有の機能はARES Kudoではまだサポートされていませんが、オンラインで図面にアクセスし、2D DWG編集機能を使用して編集することができます。
ARES Kudoは、ARESマップ内のクラウドストレージパレットを使用して、コンピュータや端末間でプロジェクトを同期させるのにも便利です。

ARES上で縦型アプリケーションを開発

ARES Mapは、開発者がARES OEMプラットフォームで作成できる縦型アプリケーションの好例です。このハイブリッドソリューションは、ARES Commanderで利用可能なGraebertのCAD機能と、業界特有の機能とカスタマイズされたユーザーインターフェースを統合しています。このハイブリッドソリューションでは、EsriのArcGISオンライン技術と統合し、CADとGISをブリッジするハイブリッド製品を構築しました。

開発会社のお客様は、下のボタンをクリックして、ARESをCADソフトウェアの開発プラットフォームとして使用する方法をご確認ください。

その他のGraebertのソフトウエア