DraftSight用に特別に設計された生産性の高い機能でユーザーエクスペリエンスを向上

DraftSightのプラグインは、Graebertと共同開発したDassault Systèmesの一般的なCADソフトウエアであるDraftSight向けに特別に設計された生産性の高い機能を使い、お客様の経験を向上させます。すべてのプラグインは、DraftSightの無料版および/またはプロフェッショナル版と法人版でも動作します。各プラグインでサポートされている言語とオペレーティングシステムは、プラグインにより異なる場合があります。詳細については、プラグインの説明を確認し、以下の使用可能なプラグイン一覧を参照ください。

すべてのプラグインには、DraftSight内にプラグインをインストールするための簡単な手順を説明するステップバイステップのインストールガイドが同梱されています。

UNDET Point Cloud プラグイン

点群データなら、ARES Commander にお任せください。

UNDET Point Cloud Plugin for DraftSight を使えば、点群データを、直接DraftSightに取り込んで利用できます。

  • Undet インデクサー – 次のような多様なスキャナーによる多くの種類のファイルの利用が可能です。 例: *.E57, *.LAS, *.LAZ, *.PTS, *.DP, *.FLS, *.FPR, *.LSPROJ, *.FWS, *.CL3, *.CLR, *.ZFS, *.RSP, ASCII / NEZ (X,Y,Z/i/RGB). 点群データであれば、ファイル形式やアプリによらず取込みが可能となります。 例: Airborne LiDAR, UAV/UAS/Drones, Mobile Mapping Systems, Terrestrial Scanners, Handheld Scanners or Photogrammetry.
  • Open – Undetプロジェクトを開く。(CAD環境への点群データ読み込み)
  • Close – 点群データをアンロードする。
  • Undet クリッピングボックスの作成、サイズ変更、そしてオンオフも自由自在
    クリッピングボックスを使えば、大きなサイズから小さなザイズまで点群データを迅速に切り取ることができます。
  • 点群データのカラーリング機能の充実 – ナチュラルカラーでのレンダリングが可能で、しかも濃淡や透過度、ポイントサイズなど自由に設定できます
  • 視認性とパフォーマンスの完璧なバランスを実現 – Scan Dataダイアログにおいてオリジナルの入力データの視認性やグループ分類を管理できます。

Windows 64bit,英語版のみ利用可能

DraftSight向けOnlineMaps

DraftSight向け無料プロフェッショナルマップサービス

DraftSightで修正可能なエンティティにPDFファイルを変換、インポートし、DWGまたはDXFで保存します。年間ライセンスなら1台のコンピューターにつきこのプラグインが12ヶ月間有効です。

年間ライセンス – Windowsにのみ対応

その他のGRAEBERTのソフトウエア